俯瞰で見よう


上手にコトを行なっていくためには、やみくもに前に進んでいくだけでは不十分で、物事を常に俯瞰で見なければならない。
これはのっけからイイことを言いました!そうです、俯瞰で見ることが大事です。たとえば資産運用のことでもそう。
限りある資産を上手に運用していき、お金を儲けていくためには、進むことだけではなく、回り道や一歩引くことも大事なんですね。

不動産投資を例に挙げますけど、収益物件と呼ばれる投資用の不動産を使って、収益を上げることばかり考えていてはいけません。
そのことばかり考えているせいで、その不動産が収益物件としての役割を果たさなくなってる、という事実になかなか気づかなかったりする、というのは恐ろしい話ではありませんか。

そう……収益物件というのは、「収益を上げることが出来ます、その効果があります」とされる不動産のことを指しますけれど、物件によっては上手く回していかないと収益物件として機能しなくなってしまったり、また周りの環境が変わって、この先も収益物件で在り続けるのが難しい物もあるんです。

こういうときにはグッとカメラを引いて、俯瞰でモノを見てみましょう。不動産の買取をしてもらう、ということを考えるわけです。
買取をしてもらう、というのはそもそも、不動産投資の方法のひとつでもあります。購入した不動産を、購入額よりさらに高く買取してもらうことで収益を上げる……という。
この買取を、上手い不動産投資、資産運用に活かしていきましょう、というのが、ここで私が語りたい趣旨であるわけです。

外部リンクでおすすめ

不動産相続の処分で売却を検討しているなら<三和アセットパートナーズ>

仲介手数料無料の物件が多数揃っている;おうち畑